電気引越しについて

引越しをするとき、引越し先でも問題なく電気を使用するには東京電力に連絡をし、移転手続きを行う必要があります。

では、どのような手続きをしなくてはならないのでしょうか?

引越しの予定日が決まり次第、東京電力に以下の事項を連絡しなくてはなりません。

・住所

・名前

・お客様番号(「電気ご使用量のお知らせ」や「領収書」に記載あり)

・引越し先

・引越し日時

・支払い方法

引越しまでの電気量の料金は、前回の検針日から引越しまでの使用量により、日割り計算されることになります。

従量電灯なら、基本料金は使用した日数によって日割り計算されます。

3段階の電力量料金は、各段階の範囲を日割り計算で区分されることになります。

引越しまでに東京電力の係員が訪問することになっていますが、出発するまでに間に合わないケースも考えられます。

その場合は、引越し先に請求が来ることになるようです。

引越し当日は、アンペアブレーカーなどのつまみを上げないようにとのことです。

電気の使用停止・使用開始の申し込みは、東京電力のホームページからも行うことができます。

内容をよく読み、了承した上で手続きを行ってください。

支払いを口座振替あるいはクレジットカードで行う場合は、引越し後もそのまま継続することもできるようです。

継続して同じ口座やクレジットカードで支払う場合には、東京電力に相談してみてください。

その他、東京電力のホームページから申し込む引越しの際の電気に関する手続きについては、東京電力のホームページで案内されています。

詳細についての確認や不明点の問い合わせなどは、そちらをご覧になってください。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

引越しをする際には、忘れずに東京電力に連絡をしましょう。詳細は東京電力にお尋ねください。