フレッツ光対応プロバイダについて

「フレッツ光」や「bフレッツ」などは、多くの方に使用されています。

これらは、好きなようにプロバイダの選択や変更ができるという点が、大きな特徴だといえます。

「フレッツ光」との契約はそのままで、プロバイダのみを変更したいという方もいるでしょう。

その際に、NTTへの手続き方法や解約違約金などについて悩まされる方も少なくないようです。

「フレッツ光」との契約は変えず、プロバイダのみを変更する場合、どのような手続きが必要となるのでしょうか。

「フレッツ光」をはじめとするNTTのフレッツシリーズは、回線だけの提供になります。

プロバイダ契約によって回線に影響が与えられることはありません。

そのため、NTTとの契約に変更がないのであれば、NTTへの手続きは不要です。

ただし、解約するプロバイダと変更するプロバイダの手続きはきちんと行いましょう。

解約違約金についてですが、これも同じようにNTTとの間に発生することはありません。

NTTとの契約を解約するわけではないからです。

プロバイダに関しては、契約内容などによっては違約金が発生する場合もあるかもしれません。

違約金の発生について、契約を交わす際に何らかの説明があったはずです。

解約する前に、どのような契約をプロバイダと交わしているかよく確かめましょう。

プロバイダを変更する方法がよくわからないという場合は、各プロバイダにお問い合わせください。

その際のスタッフの対応も、プロバイダを選ぶポイントにもなるでしょう。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

プロバイダを変更する際には、料金や回線速度など、いろんな視点から比較することをおすすめします。