風水引越しについて

引越しをする際には、風水を気にされる方も多いのではないでしょうか。

家相や土地相なら、少しばかり問題があったとしても手を加えれば、吉相に変えることは可能なようです。

しかしながら、方位の凶意はそうはいきません。

改善できるどころか、吉意である家相や土地相まで、凶意に変えてしまうという強力な影響力を持っているようなんです。

凶方位であることがわからずに引越ししてしまうと、引越ししてすぐに問題が起こるだけじゃなく、何十年も不運に見舞われると言われています。

風水ばかりを気にしていては引越しができませんが、以前から大凶方位と言われてきている五つの方位だけは念頭においておくといいかもしれません。

■五黄殺…一家の主人に災い

・平成20年2月4日からは、「南」になるようです。

この方位への引越しは、一家の主人の重篤な病気や多額の負債などを招くとされています。

■暗剣殺…家族に災い

・平成2月4日からの暗剣殺は「北」になるようです。

この方位に引っ越すことで、人間関係が崩れたり家族が病気や事故などに見舞われるなどの不運が重なると言われています。

■歳破…平成20年2月4日からは「南」になるようです。

・全てを壊して滅ぼすという特徴があると言われています。

■本命殺…自分の生年星が入った方位が、凶方位となるようです。

・自分と完全に同じ方位をとることで、自分自身の全てを「星」に包まれてしまいます。

そのせいで、周囲がよく見えないという事態が起こってしまうようです。

■本命的殺…本命殺の正反対になる方位のようです。

・この方位に引越しをすると、多くの災いが起こり、他人から迷惑をこうむりやすいと言われています。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

未来の不運を予防する意味でも、少しでも風水について調べておくといいかもしれませんね。