光ファイバー対応プロバイダについて

自分で自由にプロバイダを選ぶことができる「光ファイバ」には、最近人気が集まっています。

今多くの方に利用されている光ファイバ対応プロバイダとは、どこなのでしょうか?

戸建て・マンション別に、人気プロバイダを比較してみましょう。

<光ファイバ・戸建てタイプ>

1位.「@nifty光 with フレッツ ホームタイプ(首都圏)」

メールボックス容量5GBまで料金不要。

家族用にIDが無料で4つ追加可能。

初期費用はゼロ。

2位.「eo光 100Mコース(近畿)」

光ネットの定番ともいえるプロバイダ。

快適かつ安心なインターネット生活を実現。

初期費用3,150円。

3位.「So-net 光 (ひかりone) ホーム ギガ得プラン(首都圏)」

最大2ヶ月無料・月額24ヶ月間割引・「ひかりone電話」24ヶ月無料。

初期費用32,352円。

<光ファイバ・マンションタイプ>

1位.「@nifty光 with フレッツ マンションタイプ(首都圏)」

メールボックス容量5GBまで料金不要。

家族用にIDが無料で4つ追加可能。

初期費用は不要。

2位.「So-net 光 (ひかりone) マンションV8(首都圏)」

So-netサービスとKDDIの「ひかりone」回線のセットコース。

初期費用840円。

3位.「GyaO 光 with フレッツ マンションタイプ(首都圏)」

低価格な、それぞれに合ったインターネット常時接続サービスを提供。

初期費用は無料。

※2009年2月現在

順位やサービス内容は変更になることがあります。

あくまでもプロバイダ選びの参考にしてください。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

プロバイダ選びには、人気ランキングや口コミなどもチェックしてみるといいですよ。実際の利用者の声は役に立つことでしょう。