引越し住民票について

引越しをするにあたり住民票を移す場合には、転出届を提出する必要があります。

この転出届の受け付けは、引越し当日の14日前から開始になります。

転入の手続きに関しては、新しい住所に住み始めてから14日以内が届出の期間となっています。

なお、現住所の市内・町内での引越しでは、引越し後に窓口にて所定の住所変更届をする必要があります。

転出届は本人、世帯主、代理人のいずれかが行います。

代理人が申請する場合は、委任状が必要となる可能性があります。

前もって確認することを忘れないでください。

住民票を移す際に必要なものは、認めの印鑑になります。

印鑑登録をしているのなら印鑑登録証、国民健康保険、老人医療などに加入しているのなら保険証を持参します。

転出届のときに記入する項目は、各市区町村で異なります。

基本的には、以下のような項目への記入が必要になると考えられるでしょう。

・窓口を訪れた者の名前および住所

・転出する者の旧住所、名前、世帯主の名前

・転出先の住所

・転出予定年月日

・転出先での世帯主の名前

など

引越し先の住所がわからなければ、届出をすることはできません。

お気をつけください。

ひとり暮らしでは、引越し先での世帯主は引越しをする本人が世帯主となります。

学生などの場合、世帯主の欄に親の名前を記入しないように注意してください。

実家からの引越しの場合は、住民票を移動しないという人も少なくありません。

ただし、住民票を移さなければ、税金、成人式や車のナンバーなど、行政関係の郵便物もひとり暮らしをしている家ではなく、実家に届くことになります。

ご注意ください。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

住民票の移動に関して不明点などがあれば、各市区町村の役場にお尋ねください。