引越し車について

引越しの際には、自動車の住所変更手続きをしなくてはなりません。

普通自動車の住所変更手続きを行うには、自動車検査証(車検証)、発行1ヶ月以内の自動車保管場所証明書(車庫証明)、使用者本人の認印あるいは認印を押した委任状、発行日から3ヶ月以内の住民票が必要です。

●自動車保管場所証明書

必要事項を所定の用紙に記入し、引越し先の所轄の警察署に提出してください。

そうすると、発行してもらうことができます。

駐車場を借りるのであれば、大家さんに頼み、印鑑を使用承諾書に押してもらいましょう。

自己所有の土地なら、自認書に印鑑を押して提出することになります。

発行までに1週間ほどかかることもありますが、地域によっても異なります。

●使用者本人の認印あるいは認印を押した委任状

本人が行けない場合に必要です。

本人が行くのなら、印鑑だけでOKです。

●住民票

引越しを何度がしている場合は、車検証に記入されている住所から現在の住所までの経緯を明確にできる書類を別に用意しなくてはなりません。

また、結婚などで名前が変更している場合は、車検証記入の名前からの変更が分かる書類を用意してください。

同一管内の場合は、車を持ち込まなくても大丈夫です。

手続きは書類だけで可能です。

車を持ち込んでの手続きが必要なのは、ナンバーが変更する場合になります。

引越しが管轄外になる場合、ナンバーが変更になります。

練馬から品川、湘南から相模のように、同じ都道府県内でも管轄が変わるケースもあります。

引越し先の管轄については、所轄の運輸局に問い合わせてみてください。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

引越しに伴う車の手続きに関しての詳細は、各運輸局のホームページで確認することができます。そちらをご覧になってみてください。