引越しマニュアルについて

オフィスの引越しには、個人の引越しとは違った手続きが準備が必要になってきます。

そのマニュアルの一例を見てみましょう。

まずは、オフィスの引越し計画を立てます。

最初に、現在の契約書を確認しましょう。

それから、解約予告時期、敷金保証金返還時期、預託金返還時期の予定を立てます。

現状回復条件や費用・業者の選択は可能であるか、現状回復はどの程度必要なのかも調べておいてください。

それらが終了したら引越し業者の手配をし、スケジュールやコスト確認をしましょう。

全てを考慮に入れて上で、移転時期を決めることになります。

次に、オフィスの選定を行います。

オフィスの選定では立地条件はもちろん、他にも以下の点をよく調べておくと良いでしょう。

・社員の通勤時間、費用の増減

・最寄駅からの所要時間

・取引先へのアクセス

・飲食店などの有無、周辺の交通状況などの周囲の環境

・ビルの室内

(部屋の形状、天井高、配線方法、窓に関してなど)

・ビルの設備

(電気容量・ガス・水道、電話回線数・光通信、OA対応の有無、空調設備のタイプ・使用時間など)

・管理について

(管理会社、常駐か・無人か、防災・セキュリティシステムの内容、避難経路など)

・コストについて

(賃料、共益費、、敷金・保証金、付加使用料等、償却費など)

続いて、各契約、オフィスプランニング、オフィスの移転に必要な手続き、各専門業者の選定という順に行います。

最後に全体のスケジュールを確認し、引越しを始めましょう。

作業の分担などを事前にしておくと、比較的スムーズに作業を行えると思います。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

手間のかかるオフィスの引越しを無駄なく行えるように、マニュアルを確認しておくことをおすすめします。