引越しの荷造りについて

難しく考えがちな引越しの際の荷造りですが、ポイントがわかれば案外そうでもないものです。

面倒な荷造りを余裕をもって始めることは、ポイントの一つともいえます。

引越し先、引越し業者、引越しの日程が決まり次第、徐々に荷造りを始めましょう。

荷物の種類別に、ポイントをおさえてみたいと思います。

引越しの荷造りの際に、お役立てください。

<冷蔵庫>

引越し前日までに中身を空にしておきます。

できればコンセントを抜き、全ての扉を開放しておきましょう。

調味料や醤油差などを箱詰めする場合は、中身を空にしておかなくてはなりません。

<食器類>

ひとつひとつの食器を新聞紙で包んでください。

専用の緩衝材(ミラーマット)があれば、それを使いましょう。

重たいものを下にし、お皿は立てて並べます。

詰め終わった箱をゆすったときに食器がぶつかり合う音がするようなら、隙間に新聞紙を詰めます。

そうすると重くなりがちなので小さめの箱を使って、ワレモノあるいは食器と書いておきます。

<衣類>

コートなどは引越し業者が用意しているハンガーBOXで運ぶことができるでしょう。

他の衣類は、大きめの箱にいっぱい詰めてしまっても問題ありません。

しかし、衣類で包んだ電化製品などは一緒に詰めないでください。

着物などは専用のダンボールなどが用意されていることがあります。

引越し業者に確認してください。

引越しの荷造りは、普段使わないものから始めましょう。

少しずつ始めることで、引越し当日に慌てることが少なくなるといえます。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

引越しの荷造りにはポイントがあります。当日になって慌てないように、事前にしっかりと荷物を作っておきましょう。