引越し荷造りについて

一人暮らしの引越しは、家族での引越しと比べると荷物は少ないことでしょう。

しかし、やはり荷造りには人手が必要となることと思います。

荷造りに費やす時間がない場合は、引越し業者に荷造りも全て任せてしまうことも可能です。

しかし、それだけ料金も高いものとなってしまいます。

大変な荷造りを自分で行うとき、少しでも楽にするにはどのような方法が良いのでしょうか?

引越し時の荷造りのコツを調べてみました。

一人暮らしでの引越しの際の、参考にしてください。

普段着ない服や使わない食器などは、早いうちに梱包してしまいましょう。

本やDVD、CDなども、よく聴いたり見たりするもの以外のものは荷造りしてしまうといいですよ。

そのとき、何をどのダンボールに詰めるかも、上手な荷造りのコツの一つになります。

本や重たいものをダンボールいっぱいに詰めてしまうと、運びづらいだけじゃなく、ダンボールが壊れてしまう可能性があります。

重量感のあるものは、小さめの箱に詰めましょう。

反対に洋服などの軽いものは、大きなダンボールに詰められるだけ詰めてしまっても大丈夫です。

荷物を詰めるときも、ただ詰めればいいというものではありません。

お皿など壊れやすいものは一枚ずつ新聞紙にくるんでから、縦にダンボールに詰めましょう。

その際、「ワレモノ注意」と箱に書くことを忘れないでください。

同時に、何が入っているかも記載しておくといいですよ。

家電によっては、前もって準備を始めなければならないものもあります。

(冷蔵庫の中身は空にしておく、洗濯機の水抜きなど)

そういったことも早めに確認し、直前になった慌てることのないようにしましょう。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

一人暮らしでの引越しといえども、荷造りには手間のかかるものです。コツをつかみ、上手な荷造りをしたいですね。