引越し荷造りについて

壊れやすい食器の荷造りは、より慎重にならなくてはなりません。

引越し先で荷解きしてみると、大切な食器が破損していたという事態を防ぐためにも、引越し時の食器の荷造りのコツをおさえておきましょう。

食器を梱包するダンボールは、小さめのものが良いでしょう。

もちろん、丈夫な箱を選んでくださいね。

ダンボールの底に新聞紙などを敷くと、緩衝材の役目を果たしてくれます。

食器は1枚ずつ新聞紙で包みます。

あれば、皿巻き紙で包んでもいいでしょう。

そして、食器の段と段の間には、丸めた新聞紙を敷きます。

このように、新聞紙は何かと必要になるものなので、多めに用意しておくといいですよ。

ダンボールに詰めるときには、重たくて大きな食器から入れてください。

軽い食器は上の方にくるようにします。

食器を詰めた際に、気をつけなくてはならないことがあります。

それは、隙間ができないようにすることです。

荷造りが終わった後、隙間があるようなら丸めた新聞紙を詰めてください。

食器は1つの箱に多くを詰めてしまうと、食器に圧力がかかってしまうことになります。

そうなると食器の破損の原因になりかねません。

そのため、新聞紙やタオルなどを使い、厚めにくるむことが勧められています。

食器を詰めたダンボールには、必ず「割れ物注意」と記載することを忘れないでください。

見落としてしまうことのないように、大きめにわかりやすく書くといいでしょう。

それと同時に、引越し先で困ることのないように、どんな食器が入っているのかも記載しておきましょうね。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

割れやすい食器を安全に運ぶためには、きちんと梱包する必要があります。手間はかかりますが、面倒くさがらずに荷造りをしましょう。