引越し転出届について

やらなければならないことが多い引越し前。

必要な手続きも少なくありません。

引越し前に必要な手続きの一つに、転出届があります。

転出届は、引越しをする本人か世帯主が役所に提出します。

本人や世帯主が提出できない場合は、代理人による提出も認められています。

転出届を提出すると、転出証明書を発行してもらえます。

この転出証明書は、引越し先で転入届を提出するときに必要になります。

紛失してしまわないように、きちんと保管しておいてください。

転出届は、引越し日の2週間前から受け付けられています。

もしも引越し前に提出できなかった場合は、引越し後2週間以内に提出してください。

転出届の提出時には、本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)と届出人の印鑑が必要です。

代理人による提出の場合は、委任状と本人及び代理人の本人確認書類も必要になります。

忘れずにご用意ください。

役所で行う手続きは、この他にもあります。

印鑑登録している場合は、役所に印鑑登録証を返納した後に廃止届が発行されます。

転出届と同時に手続きを行いましょう。

国民健康保険加入者は、転出届提出時に国民健康保険証を返納します。

これ以外にも必要に応じ、介護保険や児童手当、心身障害者福祉手当、転校届けなどの手続きも、役所で行うことになります。

引越し準備を少しでも効率よく行うためにも、役所で済ませられる手続きは一度に行ってしまうといいでしょう。

その際には直前になって慌てることのないように、それぞれに必要な書類を事前にそろえておくことをおすすめします。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

引越し前に必要な手続きは、早めに行ってしまうといいでしょう。チェックリストなどを作成しておくといいですよ。