住民票転入届について

転入先が現住所とは違う場合、引越し前に転出届を役所に提出します。

このとき発行される転出証明書は、引越し後に転入届を提出する際に必要となります。

転入届には提出期限が設けられています。

引越し日から2週間以内に役所を訪れ、転入届を提出しましょう。

期限を大幅に過ぎたり正当な理由がなかったりすると、過料が科せられる可能性もあります。

くれぐれもご注意ください。

婚姻届を提出する前に転入届を出し、同じ市区町村で婚姻届を出したとき、住民票に記載されている婚姻前の氏名に取消線がつきます。

転入届を先に出してから婚姻届を提出すると、こうなることを避けることができます。

転入届と婚姻届は、同じ日に提出してもかまいません。

各市区町村の役所に申し出ると、強制的な住民票の改正も可能なようです。

住民票の改正がどうしても必要な場合は、役所に相談してみてください。

婚姻届を提出した市区町村で「婚姻届の受理証明書」を受け取り、婚姻前の氏名が記載されている転出証明書と同時に転入届の提出もできます。

市区町村によっては、新しい住民票に婚姻前の氏名を記載されることもあるようです。

事前に確認しておくといいでしょう。

転出届と婚姻届を同じ市区町村に提出するのであれば、婚姻後の氏名が載っている転出証明書をすぐに受け取ることができます。

ですが、市区町村が異なる場合は、そうはいきません。

役所間の通知には1週間ほど要するため、すぐに発行してもらうことができないのです。

転出証明書の発行を急ぐ場合は、早めに手続きを行うといいでしょう。

転出届は、引越し日の14日前から受け付けられています。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

住民票に関しては、各市区町村で多少の違いがある場合もあります。詳細は各役所にお尋ねください。