格安プロバイダーについて

プロバイダーの料金は、光回線かADSL回線かによっても異なります。

まずは、どちらの回線を使用するか決めましょう。

今使用中の電話回線を利用するため、ADSLは初期費用が安く済みます。

面倒な工事も要りません。

その上、月額料金も完全定額制なので、月々の支払いの計算も簡単です。

他にも、アナログ回線とは違い時間の心配をすることなくインターネットの使用が可能、無料メッセンジャーを使えるなど、メリットがたくさんあります。

そのことからも、ADSLを選ぶ方も少なくないでしょう。

では、格安のADSLプロバイダーとは、どこなのでしょうか?

ADSL料金を含む主なプロバイダーの料金は、以下のようになっています。

(2008年11月の情報です)

※()内は速度

・ADSL−DION(3M〜1M)…月額1,963円〜「ADSL導入補償付」

・ADSL−OCN(3M)…月額1,963円〜「ADSL導入補償付」

・ADSL−ヤフーBB(8M/リーチDSL)…2,393円〜「徹底サポート付」

・タイガースネット(1M)…2,079円〜「阪神タイガースファンにおすすめ」

格安さだけで、プロバイダーを選ぶことはおすすめできません。

サービス内容などの詳細をよく調べた上で、加入するといいでしょう。

わからないことなどがあれば、直接各プロバイダーにお問い合わせください。

周りにそのプ。ロバイダーを使用している方がいれば、使い心地などを聞いてみるのもいいですね。

口コミも、プロバイダーを選ぶ際の参考になります。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

毎月支払わなくてはならない料金は、大変重要です。それぞれのプロバイダーをよく比べてみるといいでしょう。