婚姻届・転入届について

結婚後に新居が現住所とは異なる市区町村である場合、転出届や転入届と一緒に婚姻届ももらいましょう。

そうすると、時間も手間も省くことができます。

転出届や転入届の発行手続きや婚姻手続きについて、確認してみましょう。

婚姻届と戸籍謄(抄)本は、引っ越す前にもらっておくと良いようです。

そして、引っ越した後に入籍ををすることがすすめられています。

婚姻届はいつもらってもかまいません。

しかし、可能であれば引越し前にもらっておきましょう。

このとき、書き間違えたときのことを考えて、余分にもう一枚もらっておくといいですよ。

婚姻届の住所欄には、新しい住所を書きましょう。

間違えて以前の住所を書いてしまわないように、お気をつけください。

2名の証人が必要です。

証人が夫婦になる場合は、別々の印鑑を用意しましょう。

もとの本籍地以外に婚姻届を提出する場合は、戸籍謄(抄)本をもらうことも忘れないでください。

戸籍謄(抄)本をもらうには、印鑑が必要です。

転出届は、引越しの2週間前から発行手続きを行えます。

本人が印鑑、身分証明書を持参の上、手続きを行ってください。

代理人の場合は、委任状も必要となります。

引越し後には、2週間以内に転入届を提出します。

このとき、印鑑・身分証明書の他に、転出証明書を用意することも忘れないでください。

婚姻届は、できるだけ転入届を提出する前に出しましょう。

用意する印鑑は、双方の旧姓のものです。

役所によっては、転入届や婚姻届の提出時に、婚姻受理証明書が必要になります。

詳細は、各役所にお問い合わせください。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

役所で行う手続きは同時に済ませてしまうといいですよ。効率の良い手続きをしましょう。