無線lanプロバイダについて

インターネットに接続したものの、パソコンを使う部屋と線を引いた部屋が違うということもあると思います。

そんなときに活躍してくれるのが、無線LANです。

無線LANはレンタルか購入で導入することができます。

レンタルするか購入するかは、それぞれのメリット・デメリットを比較し、決めることをおすすめします。

無線LANを購入するメリットは、初期費用だけで済むという点です。

その後にコストがかかることがありません。

デメリットはというと、その初期費用が数万円に及ぶという点があげられます。

無線LANを利用する環境に、電波がないこともあります。

その場合には、必ず返品できるというわけではありません。

一方、レンタルにすると購入費用がかかりません。

電波が届かないという場合は、レンタル契約のみの解約が可能です。

新しい製品などへの切り替えもできます。

レンタルの場合、長い間使うことを考えるとコストが割高になってしまいます。

しかし、自宅で利用できない可能性を考えれば、レンタルする方が良いかもしれません。

無線LANをレンタルする場合、各プロバイダの料金を比較してみましょう。

・Yahoo!BB ADSL…1,039円/月(税込)

・OCN ADSL… 714円/月(税込)

・NTT東日本…1,313円/月(税込)

・NTT西日本…1,459円/月(税込)

比較してみると、「OCN ADSL」の月額料金が安いことがわかりますね。

プロバイダを選ぶ際には料金のみならず、提供されているサービス内容なども比較するといいでしょう。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

無線LANを利用するのなら、購入・レンタルそれぞれの長所と短所を比較し、よく検討することをおすすめします。