プロバイダ価格比較について

プロバイダを変更する上で、月額料金が高いか安いかは大きな決め手になることでしょう。

もちろんいくら安いといっても、回線速度が遅いようでは意味がありません。

サービス内容も乏しいものとなると、快適にインターネットを利用することはできないといえます。

何かトラブルが起きたときは、万全なサポートを受けられるかどうかも重要になってくるでしょう。

何も問題がなければいいのですが、どんな使い方をしていても、いつどのようなことが起こるかは予測できないものです。

回線速度、サービス内容、そしてサポートの品質、全てを考慮に入れて、各プロバイダの価格比較を行うことをおすすめします。

最大の会員数を誇るyahoo!の場合、Yahoo!BB ADSL通常タイプ(NTT東日本エリアの場合)では、12Mが3,786円となっています。

同じく多くのユーザーを持つOCNも良品的な価格設定となっているようですね。

外出先でも快適なインターネット利用を望む方におすすめの「OCN 高速、モバイル EM」は月額5,820.15円で利用することができます。

光専門プロバイダであるUSENインターネット接続サービス「GyaO 光」では、一戸建て向けの場合、月額基本料は4,580〜6,680円に設定されています。

キャンペーン期間中であれば、この月額基本料が最大3ヶ月無料になるなどの特典も見逃せません。

このように、プロバイダの数だけ価格設定も異なるものです。

プロバイダを選ぶ際には一つのものだけじゃなく、いくつかのプロバイダの価格を比較してみましょう。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

そのプロバイダの価格設定が妥当なものであるか、安いものであるか、それとも割高であるのか判断するのはあなた次第です。