転入届の過料について

新しい市区町村に住み始める場合、転入届を提出しなくてはなりません。

提出先は役所や市民センターなど、市区町村によって異なるようです。

この転入届には、提出期限が設けられています。

必ず引越し日から14日以内に提出する必要があります。

転入届には、以下の事項を記載することになります。

・名前

・住所

・転入をした年月日

・以前の住所

・世帯主による届出の場合…世帯主であることを記載。

・世帯主以外の届出の場合…世帯主の名前および世帯主との続柄。

・転入前の住民票コード

転入届の提出が遅れた場合は、簡易裁判所への理由書を書かなければなりません。

場合によっては、5万円以下の過料を請求されることもあります。

過料の有無は、以下のことを考慮にいれた上で簡易裁判所にて判断されるようです。

・提出期限を過ぎてからどのくらいの日数が経過しているか。

・なぜ提出が遅れたかの理由。

提出が遅れたからといって、必ずしも過料を請求されるとは限らないようです。

理由が悪質である、提出期限を年単位で過ぎてしまった場合には、過料がかかることも考えられるようです。

提出が遅れてしまうことのないように、くれぐれもご注意ください。

忙しいなどの理由で本人が転入届の提出に行けない場合は、代理人による提出も可能です。

その際には、委任状が必要となります。

転入届の提出は本人、あるいは同居している親族が原則ではあります。

しかし、やむをえない場合は代理人を立て、期限内に提出しましょう。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

転入届の提出が大幅に遅れてしまうと、過料を請求される可能性もあります。早いうちに提出しましょう。