転出届の期限について

引越し先が現在住んでいる市区町村以外の市区町村である場合、転出届を提出することになります。

届出場所は、各市区町村の役所、市民センター、行政サービスセンターなどです。

転出届の提出時の必要書類は、以下の通りです。

・転出届(役所で入手可能)

・本人の身分を証明できるもの(運転免許証、パスポートなど)

・本人の印鑑

・国民年金加入者は国民年金手帳

・国民健康保険加入者は国民健康保険証

・交付している場合は住民基本台帳カード

場合によっては、以下のものも必要書類に加わります。

・通っている学校の学区が変更になる場合は在学証明書

・交付している場合は介護保険証

・交付している場合は高齢受給者証

転出届には、提出期限が設けられています。

引越し日の14日前から受け付けられています。

万が一、引っ越し前に提出できなかったときには、引越し後14日以内であれば受付可能なようです。

引っ越し前に転入届を提出していない場合は、必要書類をそろえ速やかに提出しましょう。

転入届の提出がこの期限を過ぎてしまうと、役所などの窓口で理由書を書かなくてはなりません。

その理由書は、簡易裁判所に送られます。

提出期限は法律により定められたものであるため、提出が遅れた理由や期限を経過してからの日数によっては、5万円以下の過料が請求される可能性も考えられます。

提出期限を過ぎた全てのケースに過料が請求させるわけではないようです。

しかし、提出が遅れてしまうことのないように、くれぐれも注意しましょう。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

転出届は期限内に提出しましょう。遅れてしまうと、過料を科せられることになりかねません。