転入届の期限について

以前住んでいた住所とは違う市区町村に引っ越した場合、転入届の提出が必要になります。

転入届の提出時に必要なものは、印鑑と身分を証明できるものになります。

身分を証明できるものには、パスポートや運転免許書、健康保険証などを選ぶといいでしょう。

忘れてしまうことのないように、必要なものは事前にきちんとそろえておくことをおすすめします。

転入届の提出期限は、法律により定められています。

必ず転入日から2週間(14日)以内に、提出しなくてはなりません。

提出先は、各市区町村の役所や市民センターなどです。

提出期限を過ぎてしまうと、窓口にてその理由を書くことになります。

窓口で書いた理由書は、簡易裁判所へ送られます。

場合によっては、5万円以下の過料が科せられることも考えられます。

提出期限を経過してからの日数と、期限内に提出できなかった理由をもとに、過料の有無を判断されるようです。

提出が遅れたケースの全てに、過料が科せられるわけではないようです。

理由が正当でない場合や大幅に期限を経過(年単位)場合などに、過料が科せられる可能性が考えられています。

どうしても本人や同居中の親族が転入届けの提出ができない場合は、代理人を立てることもできます。

本人が忙しい場合などは、代理を頼むといいでしょう。

代理人による提出の際には、必ず委任状を作成しなくてはなりません。

本人と代理人の氏名及び住所、委任する年月日、具体的な委任内容などを記載したものを、印鑑・身分証明書と一緒に持参してください。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

転入届は転入日から14日以内に提出するように定められています。期限を過ぎてしまわないように、くれぐれもご注意ください。