転入届について

以前とは違う市区町村に引越した後は、住民票を移動させるためにも、役所に転入届を提出しなくてはなりません。

転入届の提出時には、転出証明書が必要です。

引越し前の転出届提出時に発行された転出証明書を持参の上、役所を訪れてください。

転入届は、引越す本人か世帯主が提出します。

しかし、本人や世帯主が提出できない場合は、本人の委任状があれば代理人による提出も可能です。

法律により、転入届の期限が定められています。

印鑑、身分証名書、(代理提出の場合は委任状)などの必要書類をそろえ、引越し日から14日以内に提出しなくてはなりません。

期限内に提出しなければ、場合によっては5万円以下の過料が科せられる場合もあります。

くれぐれもご注意ください。

万が一期限が過ぎていることに気がついたら、速やかに提出しましょう。

引越す際には郵便局に転居届を出しておくことで、新しい住所に郵便物を転送してもらうことができます。

この転居届は、役所に提出する転出・転入届とは関係ありません。

転居・転送サービスの手続きは必須ではないのですが、無料なので利用すると便利ですよ。

転入届を引越し前に提出したいという方もいると思います。

しかし、転出届を提出して転出証明書が発行されていないと、転入届は受理されません。

婚姻による引越しの場合には、転出届の提出するとき、一緒に婚姻届をもらうといいでしょう。

そして、転入届より先に役所に提出することが勧められています。

海外から転入する場合には、海外転入届を提出することになります。

転出証明書の代わりとなるパスポート(転入者全員の分)、戸籍謄本、戸籍の附票を用意の上、海外転入届を出してください。

なお、海外転入届が必要なのは長期滞在からの帰国の場合のみで、海外旅行などの短期滞在の場合には不要です。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

必ず引越し後2週間以内に、転入届を提出しましょう。期限を過ぎないように、早めに役所を訪れることをおすすめします。