転入届引越し前について

引越し前には、役所に転出届を提出しなくてはなりません。

転出届を提出することで、転出証明書が発行されます。

その転出証明書は、引越し先で転入届を提出するときに必要になります。

大切に保管しておきましょう。

転入届は、引越し日から14日以内に提出しなくてはなりません。

この期限を大幅に過ぎてしまったり、提出が遅くなった正当な理由がなかったりした場合は、過料がかかってしまうこともあります。

そのため、必ず期限内に役所を訪れ、転入届を提出しましょう。

転入届は、普通、引越す本人が提出します。しかし代理人による提出も可能です。

その場合には、委任状が必要となります。

忘れてしまわないように、事前に用意しておきましょう。

何らかの事情により、転入届を引越す前に提出してしまいたいという方もいるかもしれませんね。

引越し前に、転入届を提出することはできるのでしょうか?

転入届は、転出届を提出していなければ受けつけてもらうことはできません。

転出届を提出して転出証明書が発行されていれば、転入届は受理されるようです。

このとき、転出日と転入日の間が重複してしまわないようにご注意ください。

なぜかというと、もしも重複してしまっていたら、その分の税金が重複課税する可能性があるからです。

それだけではありません。

転出日と転入日の間に、いずれの市区町村にも住んでいない期間ができてしまうと、追徴課税されることもあるようです。

そんな事態が起きないように、詳しくは各市区町村の役所にお尋ねください。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

転入届は、転出届の提出前には受理されません。お気をつけください。