転入届必要書類について

引越してきたのが他の市区町村の場合は、必ず転入届を提出しなくてはなりません。

転入届は、本人が提出します。

何らかの事情により本人による提出が不可能である場合は、代理人による提出も認められています。

転入届の提出時の必要書類は、以下のとおりです。

■転入届提出時の必要書類

・転出証明書

転出証明書は、引越し前に旧住所地の市区町村役所にて発行してもらっているはずです。

転出証明書発行手続きを行っていない場合は、引越し日から14日以内に転出届を提出し、手続きを行ってください。

・印鑑

・身分証明書

運転免許証、パスポート、健康保険証などが身分証明書になります。

・委任状

代理人が転入届を提出する場合のみ、委任状が必要となります。

本人が提出する場合は、必要書類には含まれません。

転入届の提出は、引越し日から14日以内に行いましょう。

忘れてしまうことのないように、早めに提出することをおすすめします。

新しい住所では、役所の場所がわからないということもあるかもしれません。

提出するときになって慌てないように、事前によく確認しておくといいですよ。

転入届の他にも、引越し後に役所で行わなければならない手続きがあります。

一度に済ませてしまうといいでしょう。

役所で行う手続きは以下のようになっています。

・印鑑登録

・国民健康保険の加入(国民健康保険加入者のみ)

・国民年金の住所変更

・児童手当の認定申請(児童手当受給者のみ)

手続きを行う際には、必要書類の持参を忘れないように気をつけましょう。

出かける前に必要書類がそろっているか、確かめるといいですね。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

役所を訪れる前に、必ず必要書類を全て用意してあるか確認しましょう。