転出届必要なものについて

引越しの際に必要な手続きは数多くあります。

必ず所定の手続きを行い、引越し先で不便のないようにしましょう。

引越し先が現住所と同じ市区町村ではない場合、旧住所地の市区町村役場に転出届を提出する必要があります。

そして、転出証明書を発行してもらいましょう。

転出届を提出する際に必要なものは、印鑑と身分証明書です。

身分証明書は、運転免許証、パスポート、健康保険証など、身分を証明できるもののことをいいます。

本人が直接転出届を提出できない場合、代理人による提出も可能です。

届け人が代理人の場合は、委任状も必要となります。

忘れないように気をつけてください。

転出届は、引越し前に提出しましょう。

引越し前に提出できなかった場合は、引越し日から14日以内までなら受け付けられています。

転出届を提出する際に、一緒に処理をしてしまえば楽なものもあります。

他の現住所への引越しの場合に必要な手続きで、転出届の提出時に同時に処理できるものは以下の通りです。

・印鑑登録の廃止

<必要なもの>印鑑登録書、身分証明書、代理人の場合のみ委任状

・国民健康保険の資格喪失届

<必要なもの>印鑑、保険証、身分証明書、代理人の場合のみ委任状

また、児童手当の受給を受けている場合は、児童手当の受給事由消滅届も提出しなくてはなりません。

児童手当受給事由消滅届と印鑑を持ち、旧住所地の市区町村役所にて手続きを行ってください。

そして、前年度住民税の課税証明書あるいは所得証明書を発行してもらいましょう。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

引越し前には転出届を提出することを忘れないでくださいね。その際には必ず身分証明書と印鑑を持参してください。