転出届について

現住所とは異なる市区町村に引越しをする場合は、転出届を出す必要があります。

転出届は、引越し2週間前から受け付けられています。

直前に慌てることのないように、必要なもの(印鑑・本人確認書類)をそろえ、早めに提出するといいでしょう。

本人が提出できない場合、代理提出も認められています。

代理提出には、委任状が必要です。

事前に用意しておいてください。

また、郵送による提出も可能です。

役所を訪れることができない場合や引越し前に提出できなかったときには、郵送で提出するといいでしょう。

転出届を提出すると、転出証明書が発行されます。

この転出証明書は、引越し先で転入届と出すときに必要なものです。

大切に保管してください。

郵便局では、旧住所宛に届いた郵便物が新住所に転送されるサービスを提供しています。

転居・転送サービスは、無料で受けることができます。

引越し前には郵便局に転居届けを出し、サービスを受ける手続きを行うことをおすすめします。

単身赴任の際にも、転出届を提出して住民票を移さなくてはなりません。

ただ、単身赴任が短期である場合、住民票を移さず、自宅のある(家族が住んでいる)町で国民サービスを受けるケースもあるようです。

海外に長期滞在する際には、住民票のある役所に海外転出届を出しましょう。

海外転出届を提出することで、住民票を支払う必要がなくなります。

同時に、国民年金や国民健康保険などの加入義務が抹消されます。

海外転出届の提出は必須ではありません。

しかし、提出しなければ、住民税などを支払い続ける必要があります。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

引越しの際には、転出届の提出を忘れないようにしましょう。詳細については、各市区町村の役所にお尋ねください。