転出届単身赴任について

住民票を移動させる際、必要な手続きの一つに転出届があります。

普通、生活サービスなどを受けるためにも、住民票は住んでいる市町村においておきます。

単身赴任などで移動が短期間の場合は、住民票を移動しないケースもあります。

しかし、単身赴任でも長期になる場合は、住民票を移動しないことで抹消される危険性も考えられます。

くれぐれもご注意ください。

単身赴任などの一人暮らしでも、転居の際には住民票の移動が法律で定められています。

転出届を怠ることで、罰則が科せられることもあります。

あらゆる契約や公的な変更届(運転免許証など)には、住民票が必要になる場合が多くあります。

その際、転出届を提出していなければ不便な思いをすることでしょう。

それなので、単身赴任などの一人暮らしに関わらず、速やかに転出届の手続きを行うことが勧められています。

転出届は、引越しをする本人か世帯主が提出します。

しかし、何らかの事情により本人や世帯主による提出ができない場合、代理提出もすることができます。

代理人が提出する場合には、委任状をご用意ください。

単身赴任者の場合は、「どちらの市区町村で生活サービスを受けるか」という基準で判断します。

そのため、家族が住んでいる住所に住民票を残しておくことも可能です。

しかし、これはあくまでも短期的な単身赴任の場合に限られています。

家族全員で引越す場合は、妻が代表者として転出届を提出することもできます。

その際には、委任状は必要ありません。

転出届については、各市区町村ごとで規定が異なる場合があるようです。

事前によくご確認ください。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

単身赴任が長期に渡る場合は、必ず転出届を提出しましょう。詳細については、各市区町村の役所にお尋ねください。