郵便局引越しについて

引越しをするとき、以前の住所に届いた郵便物を引越し先に転送してもらえるサービスがあります。

このサービスは無料なので、大切な郵便物が無事に手元に届くようにするためにも、利用されるといいでしょう。

なお、転送サービスを受けることができるのは、1年間となっています。

郵便局の転送サービス手続きを行うには、最寄の事業所に転居届けを提出する必要があります。

個人の転居の場合は、運転免許証や健康保険証など、本人を確認できる書類を持参してください。

会社あるいは団体などの転居の場合は、社員証や健康保険証などの、窓口を訪れる者と会社あるいは団体などとの関係が明確になるものを持参してください。

諸事情により事業所の窓口に行くことができない場合は、郵便やインターネットからも申し込むことができます。

郵便で申し込む場合は、まず、転居届け用紙に必要事項を記入します。

それを切手を貼らないでポストに投函すればよいようです。

インターネットからの申し込み手順は、以下の通りです。

1.クレジットカードを用意する。

2.必要項目を記入する。

3.申し込み確認のメールが届けば、届出の受付完了。

(携帯電話のメールアドレスは不可)

カードが不正で使用されるのを防ぐため、セキュリティーコードも必要です。

また、転送されるのは日本郵便が取り扱う郵便物などに限られています。

転居届けの記入方法やインターネットからの申し込み方法に関しては、日本郵便のホームページで案内されています。

詳しくはそちらでお確かめください。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

重要な郵便物を紛失してしまわないように、引越しの際には必ず転送サービスを利用しましょう。