郵便局の転入届について

引っ越した後、旧住所に届いた郵便物を新しい住所に転送してもらうことができます。

それが、郵便局が提供している転居・転送サービスです。

このサービスを受けるには、近くの郵便局などに転入届(転居届)を提出しなくてはなりません。

転居届を提出して手続きを行うことで、旧住所宛で送られてきた郵便物が新居へと届くようになります。

このサービスは無料なので、引越す際にはできるだけ手続きを行うといいでしょう。

なお、転居・転送サービスの適用期間は1年間となっています。

更新する場合は、もう一度近くの郵便局などの転居届を提出する必要があります。

個人の転居の場合は、本人の身分を証明できる書類(運転免許証やパスポートなど)や印鑑を窓口に持参してください。

会社及び団体などの転居の場合は、社員証や各種健康保険証などの届出人と会社(団体)との関係がわかるものが必要です。

また、転居届の「届出人氏名印」という欄には、代表者の名前の記入及び押印をします。

郵便局の窓口まで転居届の提出に行けないこともあるでしょう。

その際には、郵送でも受け付けられています。

必要事項を転居届に記入し、ポストに投函してください。

このとき、切手は不要です。

インターネットからの申し込みも可能です。

日本郵便のホームページにアクセスし、所定の手続きを行ってください。

ただし、この場合はクレジットカードが必要です。

クレジットカードを持っていなければ、インターネットから申し込むことはできません。


≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら

 

 

大切な郵便物を無事に手元に届くようにするためにも、郵便局の転居・転送サービスを利用するといいでしょう。