郵便引越しについて

引越しによって、音信不通になったり大切な郵便物が届かなくなってしまったりするのを防ぐには、郵便局で手続きを行う必要があります。

郵便局では、元々住んでいた家に届いた手紙などの郵便物を、新しい住所に1年間転送するサービスを提供しています。こ

の引越し先への転送サービスは、無料だというのが嬉しいですね。

転送サービスの手続きをするには、近くの事業所に転居届けを提出しなくてはなりません。

手続きには、以下のものが必要です。

■個人の転居…本人確認書類

(運転免許証、各種健康保険証など)

■会社、団体などの転居…窓口を訪れる者と会社(団体)との関係を証明できるもの

(社員証、各種健康保険証など)

何らかの事情により事業所まで行くことができない場合は、インターネットからも手続き可能です。

日本郵便のホームページ内にある「e転居」のバナーをクリックしてください。

そうすると画面に手続きの指示が出るので、それに従って必要事項を記入するようになっています。

このとき、クレジットカードの用意を忘れないでくださいね。

利用可能なカード会社は、日本郵便のホームページでご確認ください。

クレジットカードがなければ、インターネットからの申し込みはできません。

申し込み確認のメールが着き次第、手続きの受付完了となるようです。

また、郵送でも転送サービスの申し込み手続きを行うことができます。

必要事項を記入した転居届け用紙をポストに投函してください。

このとき、切手を貼る必要はありません。

≪フレッツ光≫東日本エリアのキャンペーンはこちら

≪フレッツ光≫西日本エリアのキャンペーンはこちら


引越し 料金


 

引越しの際には、郵便局に転送サービスの申し込み手続きをしましょう。無料のサービスなのでぜひご活用ください。